膝関節痛について

動き始めで膝が痛い…と思っていたらいつも痛くなった。

こんなお悩みはありませんか? 

  • 膝が伸びなくなってきた。
  • 階段の上り下りで体重がかかると膝が痛むことが多い。
  • 立ち上がりや動き始めで膝が痛む。
  • 歩いている時も膝が痛くて足を引きずってしまう。

一つでも当てはまることがありましたらご相談ください。

当整体院ならそのお悩みを改善できます!

ひざ関節痛の原因

膝関節痛には、お医者さんがつける症状名だけでもとっても数多くあります。そしてその症状によって当院が出来ることとできないことがありますので、まずは整形外科での診断を受けてみるのがいいと思われます。

大事なことはその状態をしっかり確認して、それに合った正しい処置をすることだと思っています。

膝関節痛には大きく2つのパターンがあります。

1.膝関節周辺の筋肉や靭帯が外傷等によって損傷や断裂している状態(診断名だと主に~損傷とつくもの)。

2.膝関節周辺の筋肉が過緊張していて、単純に痛みが出ている状態(診断名だと主に~症とか~炎とつくもの)。のパターンになります。

1.の場合は状況によっては手術等しなければならないことも多いので、当整体院の範囲外になります。

2.の状況ですと当整体院の得意分野になってまいりますので、是非お声かけ頂けたらと思われます。

とっても多い変形性膝関節症。

膝関節痛でとても多い診断名が、この変形性膝関節症になります。当整体院でも、一旦整形外科に行ってこの診断名を受けて治療してきたけれど、一向に改善しないからお見えになったという方がほとんどになります。

変形性膝関節症は、文字通り「膝の関節が変形している症状、もしくはそれに類似する症状」と言われています。

軟骨が減っているのが原因って聞くけど。

よくテレビとかチラシで「膝の軟骨が減るから痛みが出ている。」という話を見聞きしたことがあるかと思われます。一般的には筋肉や靭帯、腱といった神経が通っているところは痛みを感じ、一方で骨や軟骨、椎間板や爪、毛といった神経の通っていないところは痛みを感じません。ですので、軟骨には痛みを感じとる神経は通っていませんから、根本的に軟骨が減っているだけで痛みが出る、という事はありません。

結論を言えば、軟骨の減ることと痛みとは直接的な関係は無いという事が言えます。つまり軟骨が減ることによって周囲の筋肉が過緊張を起こし痛みが出ているのです。ですので、軟骨を頑張って補っても筋肉が過緊張している限り痛みが消えることはありません。

ご安心下さい!当整体院が膝関節痛からあなたを救います!

当整体院では、まず現在の膝の状況がどうなっているの確認していきます。場合によってはまずは整形外科さんで診てもらうのがいいかもしれません。

診断名の中で「変形性膝関節症」や「鵞足炎」、「腸脛靭帯炎」、「膝関節炎」、「オスグッド病」、「ジャンパー膝」であったら当整体院にお声かけください。これらの症状の方々は多く診させていただいておりますし、改善に導いております。

ここでバシッと、膝関節痛を改善しておきましょう。

膝関節痛が強くなってくると、最初は違和感だけだったものが次第に歩くことが苦痛になってきて、最終的には外出はおろか、家の中での行動や階段の上り下りといった普段の生活の質が著しく落ちてしまいます。膝に痛みがあると運動も控えるようになってきて全身の硬さが目立ってきて、体温や運動機能の低下につながっていきます。動きたくないので、生活に潤いが無くなっている方が多く見られます。

そうなる前に筋肉を緩めてあげて血流を回復させて膝関節痛の症状を早く改善させていきましょう。

当整体院にはその悩みを改善できる技術があります。予防になる簡単な運動にも注目してアドバイスさせていただきたいと思います。一度ご相談下さい。