腱鞘炎について

手首が痛い!使いすぎちゃったかぁ。

こんなお悩みはありませんか? 

  • パソコンを多く使う。
  • 美容院とかの仕事ではさみを頻繁に使う。
  • 育児で抱っこが多い。
  • 趣味が裁縫、演奏、料理。
  • スポーツで手首をよく使う。

一つでも当てはまることがありましたらご相談ください。

当整体院ならそのお悩みを改善できます!

腱鞘炎の原因

通常、腱鞘炎と言ったら手首の腱鞘炎を指すことが多いです。

手首には腱鞘という腱の動きをスムーズにする組織があります。その中は滑液という油みたいなもので満たされていて、この滑液のおかげで手首はスムーズに曲がったり伸ばしたり出来ます。

手首を頻繁に動かしたりしてこの腱鞘に老廃物がたまると腱がむくみのように腫れてきます。腱が腫れてくるとスムーズに動けなくなって、腱鞘内部と擦れ合って炎症を起こします。

パソコンの使い過ぎなどの同じ手首の角度で同じ動きはとっても負担がかかります。

そして、腱もまた筋肉と同じように緊張により血行不良を起こします。

この段階でも、原因となる動きに改善が無いと、いよいよ手首周辺や前腕に筋肉が硬くなりすぎて癒着を始めます。

育児で縦抱きを始めたころのママさんに多いのもこの状態です。

当整体院でも、産後の痛みのご相談でいらっしゃるママさんの多くはこの腱鞘炎を抱えていることが多いです。特に一人目のお子さんの時は抱っこしないわけにもいかず結構悩みのループにはまってしまっている姿をよく目にします。

腱鞘炎がもたらす将来への悪影響。

手首の腱鞘炎が長引くと生活に多くの支障が出てきます。人間は手をうまく使えるようになって進化してきた動物です。その要の手が使えないとなると、文化的な生活はもとより、もっと根源的に生活を送ることがつらくなってきてしまいます。

「たかが腱鞘炎、されど腱鞘炎」なのです。

ご安心下さい!当整体院が腱鞘炎からあなたを救います!

当整体院では、まず手首の腱鞘炎の改善が可能なお体の状態にあるかをチェックしていきます。①パッと見た時に腫れていたり、②触れた時に他の部位と比べて熱を持っている時は、内部で炎症が起こっている可能性が高く、場合によっては筋肉の断絶等のけがをしていることも考えられるので施術は控えるようにしています。

①や②がなければ施術に取り掛かることができます。何でもかんでもすぐに施術ではなく、こういったポイントを抑えることも大事なことと当整体院では考えています。

実際に痛みが出ている腱鞘部分はもちろんのこと、多くが前腕にある筋肉が硬くなっていて痛みが手首に出ていることも多いです。

ここでバシッと、腱鞘炎を改善しておきましょう。

手首の腱鞘炎は、最初は数日で痛みが消えることもありますが、原因となっている生活上の特定の動きはその後も繰り返すことが多く、結果、再発して全然良くならない、という話も多く聞かれます。

趣味とかなら一時中断して手を休めてもらうこともできますが、お仕事や育児だとそういったこともままならないと思います。

そんな時こそ、早めにお声かけください。「腱鞘炎だろうから、そのうちに良くなるだろう。」と軽く考えない方が良いです。

当整体院にはその悩みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。