マタニティについて

マタニティ期は期待と希望、わくわく感に満ちあふれるとき。

 

こんなお悩みはありませんか? 

  • 安定期に入っていないけど腰やお尻周りが痛くて…寝返りも出来ない。
  • お腹が大きくなるにつれて肩こりとかがつらくなってきている。
  • 妊娠中と言うだけで多くの整体院で断られてしまう。
  • 痛みで産婦人科に相談したら対応できないと言われてしまった…。
  • こんな状態で無事に出産できるのかという不安が大きい。

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当整体院ならそのお悩みを改善できます!

マタニティ期の痛みや不安の原因

最近のママさん達は、(特にお尻周りの)筋肉が落ちていたり、妊娠前から腰痛・肩こりを持っていたりと、骨盤周りの状態のみならず、お体の状態が良くないことが多いです。
それに加えて、産休が始まる34週ギリギリまで働いている(仕事や通勤時での過大なストレスにさらされている)ママさん達がとっても多いのが現状です。

これでは楽しいはずのマタニティ期が辛いだけになってしまいます。

もともと腰痛とか肩こりがあったけれども

元々腰痛とか肩こりがあったけれど、そんなにひどくなかったのに、妊娠期間が経過するにつれて痛みが大きくなってきた、という方がとっても多いです。これは、妊娠中はお腹がどんどん大きくなっていくため体の重心がとりにくくなっていくせいでもあります。

また、妊娠安定期に入るとお腹がさらに大きくなるため、腹筋の筋力が落ち、お腹が腰よりも前にそりだし骨盤が前傾し、そり腰になります。これが腰痛の原因になります。

座ったままで動いていないのでは?

妊娠期間中は(本人も周りも)無理はできない・させられないという意識がとっても強いので、ずっと座りっぱなしになっている事が多いようです。

結果、その時の動きの少なさと今までにない姿勢は、多くの痛みを生み出してしまいます。

ホルモンバランスや体形の変化も痛みの原因になります。

ホルモンの影響で骨盤をつないでいる靭帯がゆるむことも重なり、腰痛や足の付け根に痛みが生じやすくなります。それと並行して、体内のホルモンバランスの変化により自律神経のバランスも変わります。

また妊娠後期にはお腹が大きくなり足の付け根が圧迫され、痛みや脚のむくみ、足がつりやすくなります。

ご安心下さい!当整体院がマタニティ期の痛みや不安からあなたを救います!

当整体院では妊娠16~36週に入った方にマタニティコースを特にお勧めしています。(16週以前からや出産直前まで施術を受けられる方もけっこう多いです。)

妊娠中のお体や赤ちゃんの負担にならないように、横向きやマタニティクッションを使ってのうつ伏せ等、その時期に楽な姿勢になっていただき、施術を行います。

↑概ね16~18週位までは特殊なクッションを使いうつ伏せでも施術ができます。
↑妊娠中期から後期は横向きで施術していきます。

筋肉の疲労を取り除くと共に、動きづらくなった関節を動かしやすくしていきます。また、簡単な体操や運動を取り入れ、出産までの大事なひと時を痛みのない快適な時間を過ごせるようにしっかりサポート致します。

当整体院では骨盤を立てて筋肉の緊張を取り除くことはもちろんの事、生活習慣にまで踏み込んでアドバイスさせていただくことにより、良い状態を長くキープできるようになっていきます。

 

出産時間が短かったと好評です。

マタニティコースで骨盤周りを整えられた多くのママさん達から、出産時間が短かった!
という声を多く頂いております。

産後の骨盤矯正からいらっしゃるママさん達の多くは(陣痛から)半日~(長くて)1日かかった、というのに対し、当院で骨盤周りを整えられた多くのママさん達が(陣痛から)平均6~8時間、1番短かったママさんで何と2時間!!という声もあります。

骨盤周りを整えておくと、余裕のある出産直後を迎えることもできますので、痛み改善だけではなく、痛みがなくてもお体を整えて安心して出産に臨めるという点からもマタニティコースはおすすめです。

開院当初からマタニティの痛みに向かい合い、その度研鑽し積み上げてきたマタニティ専門の技術があります。マタニティのママさんへ、ぜひ一度ご相談下さい。

更に、マタニティコースを35・36週までしっかりと受けて頂いたママさんには、当院から(マタニティコースの最終日に)産後にやっておくとよいエクササイズや、肩こり等が起こりずらい姿勢のアドバイスが書かれているプリントもお渡ししています。

これも『産後、どのように過ごしたらいいかわからない』というママさん達に好評です。
しっかりお体を整えて、ぜひこちらも受け取ってください。